ホテル上級会員

シャングリラホテルの上級会員特典を紹介!ホテル好きが狙うべきランクは?

ゴールデンサークル紹介

シャングリラホテルアンドリゾートは東京をはじめとして、アジア圏を中心に展開しているホテルチェーンです。

シャングリラホテルアンドリゾートには、最高級ホテルであるシャングリラホテル、出張客向けの設備が充実しているトレーダースホテルやケリーホテル、比較的お手頃なブランドであるホテルジェンの合計4つのホテルブランドがあります。

シャングリラホテルにはゴールデンサークルという会員プログラムがあり、宿泊実績があれば上級会員になることができます。

本記事ではシャングリラホテルの上級会員特典、およびホテル好きが狙うべき会員ランクについて徹底解説したいと思います!

シャングリラホテルグループ

シャングリラグループはアジア圏に多くのホテルを有しております。

地域ホテル数
中国55
中国以外のアジア41
中東7
ヨーロッパ3
北米2
オセアニア4
アフリカ2

特に中国へ観光や出張に行く際にはお世話になることがありそうですね!
私はジェイド会員になった後、シャングリラ台北に泊まったことがあります。

シャングリラ台北の部屋
シャングリラ台北の部屋

部屋は非常に広く、お部屋からは台北101ビューを楽しめました!

シャングリラ台北 部屋からの台北101
シャングリラ台北 部屋からの台北101

シャングリラ台北にはFHRで予約しました。このタイミングは3泊目無料のキャンペーンを実施しており、非常にお得に泊まることができました!

シャングリラホテルの上級会員特典は?

ゴールデンサークルの上級会員にはジェイド・ダイヤモンドがあります。
各々の特典は…

ジェイドダイヤモンド
アーリーチェックイン午前11時から午前9時から
レイトチェックアウト16時まで18時まで
ルームアップグレード××
滞在中の朝食無料
クラブラウンジの利用×
キャッシングサービス〇(250USD)〇(300USD)
ウェルカムアメニティー◎(ワイン選択可)

になります。

私はシャングリラホテルのジェイド会員になっています。ジェイド会員であっても、朝食アーリーチェックインレイトチェックアウトといったホテルステイを楽しむうえで必要な特典が備わっています。

シャングリラホテルの上級会員になる条件は?

シャングリラホテルのジェイド会員、ダイヤモンド会員になるための条件は…

ゴールデンサークル ジェイド会員

1年間で20泊宿泊する、もしくは10回滞在すること

ゴールデンサークル ダイヤモンド会員

1年間で50泊宿泊する、もしくは25回滞在すること

になります。ダイヤモンド会員になるのはかなり大変ですが、ジェイド会員はアジア旅行に時々行く場合にはそんなに苦労せずになれるかもしれません。

ホテル好きが狙うべき会員ランクは?

シャングリラの上級会員ですが、正直なところ無理して狙う必要ありません。シャングリラホテルがそもそも日本には東京にしかなく、さらにホテルチェーンとしてみても、ヒルトンやマリオットと比べるとホテル数が少ないです。

ゴールデンサークルのジェイド会員やダイヤモンド会員に無理になったところで活かせる機会が少ないことから、無理に狙う必要はありません。

しかしながら、アジアへ出張・旅行で頻繁に出かける場合にはジェイド会員にとどめておくことがお勧めです!その理由は…

〇アーリーチェックイン・レイトチェックアウトが充実しているから
〇アメックスプラチナ会員なら無条件でジェイド会員になれるから
〇ルームアップグレードされる可能性が限りなく低い

アーリーチェックインとレイトチェックアウト

ジェイド会員以上にはアーリーチェックインレイトチェックアウト特典が備わっています。

ジェイド会員ではチェックインが午前11時から、チェックアウトが16時までに対し、ダイヤモンド会員ではチェックインが午前9時からチェックアウトが18時までと、ダイヤモンド会員の方がホテルの滞在時間を4時間長くできます。

ただ、ジェイド会員のアーリーチェックインやレイトチェックアウトもヒルトンマリオットと比較すると充分内容が充実しております。そもそもアーリーチェックインが明記されているホテル上級会員は意外にありません。

アメックスプラチナ会員だと無条件でなれる

アメックスプラチナ
アメックスプラチナ

アメックスプラチナにはシャングリラのジェイド会員が宿泊実績によらず取得・維持できる特典が備わっております。

つまり、アメックスプラチナを持つことで修行なしでシャングリラホテルにVIP待遇で宿泊できるようになるのです!

アメックスのセンチュリオンカードを持つことができればシャングリラのダイヤモンド会員を無条件で維持できるようになりますが、センチュリオンカードを取得することは非常に困難です。

アメックスプラチナには海外旅行時に役立つ特典がたくさんありますので、海外旅行が好きな方には是非申し込んでいただきたいです!

可能性の低いルームアップグレード

シャングリラ台北の部屋
シャングリラ台北の部屋

ジェイド会員に限らずダイヤモンド会員にもルームアップグレード特典は付与されません

正確に言えば、チェックイン時に予約したカテゴリーが準備できなければルームアップグレードする、というものですが、空室があればアップグレードではない、というところがミソです。

ヒルトンやマリオットの場合には、ルームアップグレードが上級会員特典に含まれているので、上級会員を目指す意味がないことはありません。

ゴールデンサークルの場合はダイヤモンド会員だとスイートルームにアップグレードされる、といったことは発生しませんので、大人しくジェイド会員にとどめるべきです。

まとめ

以上シャングリラホテルの上級会員特典、およびホテル好きが狙うべき会員ランクの紹介でした!

正直なところシャングリラホテルは数が少ないため無理して上級会員になる必要はありませんが、アジア旅行が多い場合はジェイド会員を狙っていきましょう!

ジェイド会員には他ホテル上級会員よりも充実したアーリーチェックインレイトチェックアウトが備わっており、アメックスプラチナを持つことで無条件でジェイド会員になれます

アジア旅行がお好きな方は、是非ともシャングリラのジェイド会員になって、充実したホテルステイをお楽しみください!

マリオットボンヴォイの上級会員特典!ホテル好きが狙うべきランクは?

マリオットボンヴォイ紹介

マリオットインターナショナルは日本をはじめとして、世界中に進出しているホテルチェーンです。マリオットには出張で使えるようなお手頃なホテルから、特別なひと時に使いたいラグジュアリーホテルまで幅広い価格帯のブランドを有する巨大グループです。

マリオットインターナショナルにはマリオットボンヴォイという会員プログラムがあり、たくさんマリオット系ホテルを使ってくれるお客さんを優遇するようになっています。

マリオットボンヴォイの上級会員は5つランクがあり、ランクによって受けられる特典が大きく変わります。

本記事ではマリオットボンヴォイの上級会員特典、およびホテル好きが狙うべき会員ランクを徹底解説したいと思います!

マリオットホテルグループ

マリオットインターナショナルにはリッツカールトンセントレジスといった最高級クラスのホテル、ウェスティンシェラトンといった高級ホテル、ならびにモクシーコートヤードといった出張時に役立つお手頃なホテルまで幅広い価格帯のホテルブランドを有する超巨大ホテルグループです。

マリオット系ホテルの一つである、リッツカールトン東京、セントレジスバンコク、セントレジス大阪に私は宿泊してきました!

マリオットボンヴォイの上級会員特典は?

マリオットボンヴォイの上級会員には、シルバー・ゴールド・プラチナ・チタン・アンバサダーがあります。各々の特典は…

シルバーゴールドプラチナチタンアンバ
サダー
レイトチェック
アウト

(14時)

(16時)

(16時)

(16時)
ウェルカム
ギフトでの
朝食選択
××
ルームアップ
グレード
×
(スイート
含む)

(スイート
含む)

(スイート
含む)
クラブラウンジ
利用
××
レストラン割引10%15%20%20%20%
客室タイプ保証××
48時間予約保証×××
アンバサダー
サービス
××××
Your24××××

シルバーとゴールド会員特典は、大したことありません…

プラチナ会員以上になると、大幅に受けられる特典が増加します。プラチナ会員とチタン会員では細かいところに違いはありますが、大きな違いはありません。

上級会員になる条件は?

マリオットボンヴォイの上級会員になる条件は…

〇マリオットボンヴォイシルバー会員
1年間で10泊以上宿泊すること

〇マリオットボンヴォイゴールド会員
1年間で25泊以上宿泊すること

〇マリオットボンヴォイプラチナ会員
1年間で50泊以上宿泊すること

〇マリオットボンヴォイチタン会員
1年間で75泊以上宿泊すること

〇マリオットボンヴォイアンバサダー会員
1年間で100泊以上宿泊、かつ利用金額が20,000USD以上

になります。

マリオットボンヴォイのゴールド会員はSPGアメックスカードかアメックスプラチナカードを持てば、宿泊実績がなくてもゴールド会員になることができます。

プラチナ会員以上は非常にハードルが高いです。ハードルが高い分、特典を充実させることができるのでしょう。

ホテル好きが狙うべきの会員ランクは?

ホテル好きが狙うべきマリオットボンヴォイの会員ランクはプラチナです!
その理由は…

〇16時までのレイトチェックアウトが受けられるから
〇スイートルームを含むルームアップグレードが受けられるから
〇滞在中の朝食無料をアメニティーとして選べるから

16時までのレイトチェックアウト

マリオットボンヴォイのプラチナ会員以上には16時までのレイトチェックアウトが認められます。リゾートでなければこのレイトチェックアウトは保証されている特典になります!

マリオットボンヴォイのゴールド会員だと14時までのレイトチェックアウトが提供されますが、こちらは保証された特典ではありません。

14時と16時の2時間の違いは大きいです。特にクラブフロアに宿泊しているときはなおさらです。例えばリッツカールトン東京のクラブレベルに泊まった際には、16時チェックアウトだとアフタヌーンティーを2回楽しめます!

リッツカールトン東京クラブラウンジ アフタヌーンティー
リッツカールトン東京クラブラウンジ アフタヌーンティー

しかしながら14時チェックアウトだとアフタヌーンティータイムになる前にホテルを去らなければいけません…

マリオットボンヴォイのチタン会員でもチェックアウトの延長時間は16時までですから、マリオットボンヴォイのプラチナ会員があれば十分ホテルステイを満喫できます!

スイートルームを含むルームアップグレード

リッツカールトン東京 クラブデラックスルーム
リッツカールトン東京 クラブデラックスルーム

マリオットボンヴォイのプラチナ会員以上ではスイートルームを含むアップグレードが受けられる可能性があります!ただし、リッツカールトンでのスイートルームまでのアップグレードはチタン会員以上になります。

マリオットボンヴォイのプラチナ会員以上ではかなり気前よくアップグレードしてもらえます!私はゴールド会員で、まだ一度もアップグレードしてもらったことがありません…

セントレジスバンコク グランドデラックスルーム
セントレジスバンコク グランドデラックスルーム

マリオット系ホテルのラグジュアリーブランドであるJWマリオットやセントレジス、ラグジュアリーコレクションではスイートルームが高額であることから、ルームアップグレードされればスイートルームを格安の値段で楽しむことができます!

滞在中の朝食が無料

リッツカールトン東京の朝食

マリオットボンヴォイのプラチナ会員以上だとウェルカムアメニティーとして朝食を選ぶと、滞在中の朝食が2名まで無料になります。ただし、リッツカールトンをはじめとする一部のホテルでは対象外となっています。

高級ホテルの朝食は3,000円は下らないため、ウェルカムアメニティーで朝食を選べるなら、朝食を選ぶべきです!

まとめ

以上マリオットボンヴォイの上級会員特典、ホテル好きが狙うべき会員ランクの紹介でした!

マリオットボンヴォイには多くの会員ランクがありますが、プラチナ会員以上になると受けられる特典が非常に充実しています!

プラチナ会員以上であれば、16時までのレイトチェックアウト・スイートルームを含むアップグレード・滞在期間中の朝食無料という特典を受けられます!

プラチナ会員は1年間で50泊以上と非常にハードルが高く、わざわざ修行をしてまで狙うことはお勧めしません。

しかしながらマリオット系ホテルへ頻繁に宿泊される場合は、もう少し頑張ってプラチナ会員になり、充実したホテルライフをお楽しみください!

ヒルトンオナーズの上級会員特典!ホテル好きが狙うべきランクは?

ヒルトンオナーズ紹介

ヒルトンホテル&リゾートは日本をはじめとして世界中に展開しているホテルチェーンです。ヒルトンホテル&リゾートにはヒルトンホテル、コンラッドホテル、ダブルツリーホテル、ウォルドーフ・アストリアホテルなど複数のホテルブランドがあります。

日本国内ではヒルトンホテルの知名度が非常に高く、ホテルに興味がない方でも一度くらいは聞いたことがある名前かと思います。 ヒルトンホテル&リゾートにはヒルトンオナーズという会員プログラムがあり、たくさんヒルトンに泊まってくれるお客さんを優遇するようになっています。

ホテル好きな皆様の中にはコンラッドや海外のウォルドーフアストリアに泊まってみたい方々もいらっしゃるかと思います。

本記事ではヒルトンオナーズの上級会員特典、およびホテル好きが狙うべき会員ランクを徹底解説したいと思います!

ヒルトンホテル

ヒルトンホテル&リゾートは世界で500以上のホテルを有する巨大グループであり、これら全てのホテルでヒルトンオナーズの特典を享受することができます。日本には以下の18ホテルでヒルトンオナーズ特典を享受できます。

地域ホテル
関東ヒルトン東京
コンラッド東京
ヒルトン東京ベイ
ヒルトン東京お台場
ヒルトン小田原リゾート&スパ
ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブ
ヒルトン成田
北海道ヒルトンニセコビレッジ
中部ヒルトン名古屋
旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン
関西ヒルトン大阪
コンラッド大阪
九州ヒルトン福岡シーホーク
沖縄ヒルトン沖縄北谷リゾート
ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート
ダブルツリーbyヒルトン那覇
ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城
ヒルトン沖縄瀬底リゾート(2020年7月開業予定)
日本国内のヒルトンホテル&リゾート

上級会員特典は?

ヒルトンオナーズの上級会員には、シルバー・ゴールド・ダイヤモンドの3つがあります。

特典シルバーゴールドダイヤ
モンド
Wi-Fi◎(高速回線)
レイトチェックアウト
ボトルウォーター2本
滞在中の朝食無料×
ルームアップグレード×◎(スイート対象)
エグゼクティブラウンジ
アクセス
××
48時間客室保証××

ヒルトンオナーズのシルバー会員は、正直大したことないです…

しかしながらゴールド会員以上になると非常に充実した特典を受けることができます!滞在中の朝食が無料になり、エグゼクティブルームまでのルームアップグレードが受けられます。

ダイヤモンド会員になると、スイートルームまでのルームアップグレード、宿泊カテゴリーによらないエグゼクティブラウンジの利用、48時間前までの予約で客室保証が受けられる、といった特典も受けられます!

最上級会員だけあり、スイートルームに手が届きやすいですね!

上級会員の獲得条件は?

ヒルトンオナーズのシルバー会員・ゴールド会員・ダイヤモンド会員になる条件は…

ヒルトンオナーズシルバー会員

以下のいずれかの条件を満たすこと
〇1年間でヒルトン系ホテルに4回以上滞在すること
〇1年間でヒルトン系ホテルに10泊以上宿泊すること

ヒルトンオナーズゴールド会員

以下のいずれかの条件を満たすこと
〇1年間でヒルトン系ホテルに20回以上滞在すること
〇1年間でヒルトン系ホテルに40泊以上宿泊すること

ヒルトンオナーズダイヤモンド会員

以下のいずれかの条件を満たすこと
〇1年間でヒルトン系ホテルに30回以上滞在すること
〇1年間でヒルトン系ホテルに60泊以上宿泊すること

シルバー会員はともかく、ゴールド会員以上はなかなか取得の難易度が高いです。しかしながら取得難易度が高い分、受けられる特典は非常に充実しています!

ホテル好きが狙うべき会員ランクは?

ホテル好きが狙うべきヒルトンオナーズの会員ランクは、ずばりゴールドです!
その理由は…

〇高確率でエグゼクティブルームまでアップグレードしてくれる
〇充実したレストランでの朝食が無料
〇レイトチェックアウトはダイヤモンド会員と同等
〇クレジットカードを持っているだけで上級会員資格を維持できるから

エグゼクティブルームまでのアップグレード確率が高い

ヒルトン東京エグゼクティブラウンジ イブニングカクテル
ヒルトン東京エグゼクティブラウンジ イブニングカクテル

ヒルトンオナーズゴールド会員以上にはルームアップグレード特典が付いています。ゴールド会員の場合は、エグゼクティブルームまでのアップグレードがチェックイン時の空室状況に応じて提供されます!

ルームアップグレードは確約されているわけではありませんが、ヒルトンホテルではかなり気前よくアップグレードしてくださいます!

ヒルトンホテルに宿泊した際は、ほぼ確実にエグゼクティブルームにアサインされました!コンラッドホテルでも1カテゴリーのアップグレードを受けたことがあります!

コンラッド大阪にて宿泊した部屋
コンラッド大阪にて宿泊した部屋

エグゼクティブルームにアップグレードされると、エグゼクティブラウンジにアクセスできるようになります!カクテルタイムではお酒も提供されるようになるため、ゆったりとホテルステイを満喫できます!

レストランでの朝食が無料

ヒルトン東京 レストランでの朝食
ヒルトン東京 レストランでの朝食

ヒルトンオナーズのゴールド会員になれば、滞在期間中レストランでの朝食が2名分まで無料になります!

ヒルトンホテルでの朝食は3,000円から4,000円程度、高いところだと5,000円近くかかるため、これが2名分まで無料になるのは大きいです!

ヒルトンホテルでの朝食ビュッフェは非常にバリエーションが豊富であり、好きな食事を好きなだけ満喫することができます!

さらに多くのヒルトンホテルにはエッグステーションがあるため、出来立てのオムレツや一部のホテルではエッグベネディクトを楽しむことができます!

ヒルトンホテルの朝食はお金を払ってでも楽しむ価値があり、宿泊の際には是非レストランで優雅なモーニングタイムを満喫頂きたいです!

レイトチェックアウトはダイヤモンド会員と同等

レイトチェックアウト特典はダイヤモンド会員だけでなく、ゴールド会員にも付帯しています。一般的に上位ランクの会員になるほど、チェックアウト時間の延長時間が長くなります。

例えばマリオットボンヴォイのゴールド会員では14時までのレイトチェックアウトですが、マリオットボンヴォイのプラチナ会員以上だと16時までのレイトチェックアウトになります。

しかしながら、ヒルトンオナーズに関してはダイヤモンド会員とゴールド会員でチェックアウトの延長時間に違いはありません。ヒルトンホテルではおおむねチェックアウト時間は15時まで、コンラッドホテルでは概ね14時までチェックアウト時間を延長してくれます!

クレジットカードを持つことでゴールド会員は維持できる

アメックスプラチナ
アメックスプラチナ

ヒルトンオナーズのゴールド会員は、アメックスプラチナを所有することで宿泊実績がなくても登録・維持することができます!

ヒルトンオナーズのダイヤモンド会員は、スイートルームまでのルームアップグレードや宿泊するカテゴリーによらないエグゼクティブラウンジアクセスといった素晴らしい特典を受けることができます。

しかしながら、ダイヤモンド会員についてはいわゆる修行なしで取得・維持する現実的な方法がありません。(アメックスのセンチュリオンカードを持てば、ダイヤモンド会員資格が自動付帯になりますが、そもそもセンチュリオンカードを持つことが現実的ではないです…)

特典内容と取得・維持難易度を考えると、ホテル好きはゴールド会員を狙うべきです!

まとめ

以上、ヒルトンオナーズの上級会員特典、ホテル好きが狙うべき会員ランクを徹底解説しました!

ヒルトンオナーズだとゴールド会員以上の特典が充実しており、ホテル好きはゴールド会員を目指すべきです!

ゴールド会員になれば、エグゼクティブルームまでのアップグレード・滞在期間中の朝食が無料・15時までのレイトチェックアウト(コンラッドだと14時まで)を受けられます。さらにアメックスプラチナ会員になれば、ヒルトンオナーズのゴールド会員に無条件で登録できます!

是非ヒルトンオナーズのゴールド会員になって、優雅なホテルライフをお送りください!

リーダーズクラブは高級ホテルで特典を受けられる有料プログラム!特典内容を徹底検証!

リーダーズクラブ紹介

ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド(以下、LHW)というホテルのコレクションがあります。LHWには80以上の国々にある400以上のラグジュアリーホテルが加盟しています。

LHWに加盟するには非常に厳しい審査をクリアしなければいけないため、LHW加盟ホテルに外れはありません。記念日利用や大事な方々と一緒に過ごしたいときには是非LHW加盟ホテルに泊まりたいですよね。

このような厳選されたラグジュアリーホテルで特典を受けることができる会員プログラムとしてリーダーズクラブというものがあります。リーダーズクラブ会員はお金を払えば誰でも会員になることができます。

本記事では、LHWでの宿泊プラン紹介、リーダーズクラブ会員が厳選されたホテルで受けられる特典の紹介、およびリーダーズクラブ特典のレビューをしたいと思います!

LHWとは?

LHWは世界にある400以上のホテルが加盟しているホテルコレクションです。多くの加盟ホテルが独立系であり、ホテルごとの個性が際立っております。ホテルが旅行の目的になるような、個性的なホテルが多くあります。

LHWに加盟するためには、非常に厳しい審査を通過しなければいけません。よってホテル好きからすると、LHWに加盟しているホテルにはずれはなく、どのホテルを選んでも快適な滞在が保証されているようなものです。

加盟ホテルに最大の価値を提供し、好奇心旺盛な旅行者の皆様に、ホスピタリティあふれる卓越したサービスを提供するため、ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドでは常に、厳格な品質基準に照らして、加盟申請中のホテルおよび既存の加盟ホテルの評価を実施しています。リーディングホテルズが新規加盟ホテルの審査・認定に使用しているこの詳細な基準は、ラグジュアリーホスピタリティ業界のベンチマークにもなっています。また、世界各地からお越しになる今日の洗練された旅行者の皆様のご期待に添えるよう、この基準の定期的な見直し・改訂も行っています。

引用元:https://jp.lhw.com/corporate/standards

LHWに加盟している日本のホテルは5つあります。(2020/5/24現在)

地域ホテル名
東京ジ・オークラ東京
パレスホテル東京
帝国ホテル東京
横浜ザ・カハラホテル&リゾート横浜(未開業)
沖縄ハレクラニ沖縄
引用元:https://jp.lhw.com/find-a-hotel

日本には少ないですね…大阪や京都も開拓いただきたいですね!

LHW加盟ホテルはヨーロッパが最も多く、230以上もの加盟ホテルがあります。ヨーロッパ旅行の際にはLHW加盟ホテルを選ばれると、旅行が楽しくなると思います!

LHWでの宿泊プランは?

LHWでの宿泊プランは一般的なフレキシブルレート、ベッド&ブレックファスト、事前購入プランのみではなく、連泊プランリーダーズクラブ会員プランもあります。

連泊プランには、2泊分の料金で3泊できるプラン3泊分の料金で4泊できるプラン、そして5泊分の料金で7泊できるプランがあります!それぞれのプランが使えるホテルも100以上もあるため、お得でかつ非常に使いやすいです!

さらにすごいのは、この連泊プランはリーダーズクラブ会員でなくとも使える点。泊まりたいホテルがLHWに加盟していて、連泊プランの対象になっているかどうかの確認に一手間かける価値が大いにあります!

リーダーズクラブ会員限定プランには、最大20%割引プラン特別体験プラン、そして新規ホテルプランがあります。

会員向け割引プランはフレキシブルレートから最大で20%割引されるもので、非常にお得です。LHW加盟ホテルは1泊5万円以上するホテルも多数ありますので、20%は大きいです。

特別体験プランはホテルでのディナーが付いてくるものです。ホテルレストランのディナーは豪華なコース料理が一般的であり、美味しい食事がゆったり楽しむことができます。

ディナー

LHWに新しく加盟したホテルでは、期間限定で空港送迎お部屋のアップグレードが受けられるプランが設定されます。非常の充実した特典内容であり、旅行するタイミングでこの新規ホテルプランが設定されていたら、是非このプランで予約しましょう!

リムジンでの送迎

リーダーズクラブ特典は?

LHWにはリーダーズクラブという会員プログラムがあります。リーダーズクラブ会員はお金さえ払えば誰でも会員になることができ、会員になった瞬間から特典を享受することができます。

リーダーズクラブ会員になるためにかかるお金は、175ドル/年です。

ではリーダーズクラブ会員特典を紹介していきます。

〇チェックイン時の優先アップグレード
〇アーリーチェックインとレイトチェックアウト
〇滞在期間中の朝食(2名分)
〇WIFI無料
〇到着前のアップグレード特典
〇ポイントでの特典宿泊

(引用元: https://jp.lhw.com/leaders-club/how-it-works)

ルームアップグレードはチェックイン時の空室状況に応じて適用可否が決まります。LHW加盟ホテルは宿泊費が高額ですから、アップグレードされると非常に素晴らしいホテルステイが楽しめます。

アーリーチェックアウトレイトチェックアウトも空室状況に応じて適用可否が決まります。LHW加盟ホテルはお部屋もゴージャスですから、滞在時間を長くできるのはうれしいですね。

朝食

滞在期間中は2名分まで無料で朝食が提供されます。高級ホテルでの朝食は4~5000円程しますから、2名で2泊するだけでリーダーズクラブの年会費分は回収できてしまいますね!

少し珍しいのが、到着前のアップグレード特典です。こちらは会員になった初年度は、有償での滞在を完了した後この特典が使えるようになります。アップグレード特典は1年に1回付与されます。

この特典はホテルの予約時にアップグレードをリクエストでき、到着3日前までにアップグレード可否が回答されます。アップグレードは1カテゴリーになります。事前にアップグレードされなかった場合は、特典は消費されません。

1つカテゴリーが上がるだけで数万円以上宿泊費が上がることもあるため、この特典だけでもリーダーズクラブの年会費を回収できてしまいます!

リーダーズ会員はホテルでの宿泊費用1USD毎に1ポイント貯めることができます。4000ポイント貯めると特典宿泊できます!旅行で思い出だけではなく、次の旅行のホテル代も賄うことができます!

リーダーズクラブ会員が1年間で5,000USD以上ホテルを利用したら、スターリング会員へランクアップし、到着前アップグレード特典を年に5回も使うことができます!スターリング会員になっても年会費は175ドルのままです。

リーダーズクラブ特典のレビュー

では、リーダーズクラブの特典をレビューします!

〇特典を享受できるホテルが、厳しい審査で厳選された高級ホテルのみ
〇お金を払って会員になるだけで、初滞在でもお得意様扱いを受けられる

〇加盟ホテルが少なく、特典を生かせる機会が少ない

LHWは審査が非常に厳しく、加盟ホテルの数は430軒ほどです。日本に限ると5件しかないことから、リーダーズクラブの特典を使える機会が非常に限定されています。

しかしながら加盟審査が非常に厳しいことから、特典を享受できるホテルにはずれはなく、厳選されたホテルで至福のひと時を過ごすことができます!

さらにリーダーズクラブ会員には175ドル払うだけでなることができ、初めてLHW加盟ホテルに泊まる際にもルームアップグレードアーリーチェックインレイトチェックアウト、そして滞在中の朝食特典を受けられます!

LHWには連泊プランがありますが、この連泊プランでの予約でも上記特典を享受できます

2回目以降の滞在では滞在前のアップグレード特典により、事前にアップグレードを受けることができます!

まとめ

以上、リーダーズクラブ会員のレビューでした!

LHWに加盟しているホテルたちはいずれも非常に厳しい審査を潜り抜けた選りすぐりの高級ホテルであり、リーダーズクラブ会員になることで厳選された高級ホテルにお得意様扱いで泊まることができるようになります!

リーダーズクラブ会員は朝食無料ルームアップグレードアーリーチェックインレイトチェックアウトといった特典に加えて、到着前のアップグレード特典という事前にアップグレードを受けることができる特典まであります!

LHW公式サイトには連泊プランもありこちらはリーダーズクラブ会員でなくても利用できますので、是非LHW公式サイトもホテル選びの際の参考にしてみてください!

お金でなれる会員として、インターコンチネンタルアンバサダーがあります。こちらはインターコンチネンタルホテルのみでしか特典を受けられないものの、特典内容は非常に充実しております!

LHW加盟ホテルの中には、アメックスのファインホテルアンドリゾートにも加盟しているホテルがあります。FHRの特典はお得意様も真っ青の充実ぶりです!

スモールラグジュアリーホテル(SLH)の会員プログラム「INVITED」をレビュー!

SLH紹介

スモール・ラグジュアリー・ホテル・オブ・ザ・ワールド(以下、SLH)には世界の80か国以上の500軒以上もの独立系高級ホテルが加盟しております。加盟しているホテルのほとんどが50部屋以下の小規模なラグジュアリーホテルで、特別な日に使うことができるホテルが目白押しです。

特別な日にしか使えないようなホテルだからこそ、せっかく泊まりに行くなら素晴らしい滞在にしたいですよね?無料でSLHの会員になり、SLH公式サイトから予約するだけで、多くの特典を享受することができるのです!

本記事では、SLHの会員プログラムであるINVITEDを紹介し、特典内容についてレビューしようと思います!

SLHとは?

80カ国以上の500軒以上の独立系ラグジュアリーホテルが加盟するスモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド、略して SLH。これは世界に比類ない小規模のラグジュアリーホテルの会員組織です。各ホテルのクオリティは欧米市場で認められ、SLHは世界でもトップクラスのホテルブランドの一つとなりました。その秘密は何でしょう。

SLHは20年以上にわたって高いクオリティーを維持し続け、ゲストからの支持を得ているからです。SLHの特徴、それは「インディペンデント(独立系)」です。SLH加盟のホテルでは、すべてのゲストが忘れがたい、他では得られない滞在をすることができます。ほとんどのホテルが客室数50室以下のラグジュアリーホテルです。ゲストはどこにいても快適で、滞在の最初から最後まで心地良く過ごすことができます。自由に非日常を楽しめ、クオリティーの高いサービスを得ることができる。それが私たちの理想とする真のラグジュアリーです。

引用元:http://www.slhhotels.jp/about-us

SLHは独立系で比較的小規模なラグジュアリーホテルが加盟しているブランドです。大手ホテルチェーンとは異なりすべてのホテルが独立系ですから、行くホテルによってお部屋をはじめとするホテル全体の雰囲気も異なります。お部屋の数が限られていることから、落ち着いたひと時を過ごしたいときにうってつけです。

SLHに加盟している日本のホテルは10軒が加盟しています。

地域ホテル名
北海道カサラ・ニセコビレッジ・タウンハウス
東京ホテル雅叙園東京
東京東京ステーションホテル
軽井沢軽井沢プリンスホテル イースト
伊豆ABBA RESORTS IZU-坐漁荘
京都THE GENERAL KYOTO 高辻麩屋町
神戸ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド
奈良登大路ホテル奈良
屋久島サンカラホテル&スパ屋久島
沖縄ザ・テラスクラブアットブセナ
日本のSLH加盟ホテル(引用元:http://www.slhhotels.jp/destination)

日本以外だと、インドネシアやタイ、シンガポール、ベトナム、台湾といった国に加盟ホテルがあります。日本人にも人気がある国にも隠れ家的ホテルがあるのはうれしいですね。現実逃避が捗ります!

INVITEDとは?

SLHにはINVITEDという会員プログラムがあります。INVITEDにはINTRIGUEDINSPIREDINDULGEDという3つの会員ランクがあり、宿泊実績によってランクが変わります。

INVITEDには無料で登録することができ、登録直後はINTRIGUEDランクになります。登録後4泊以上するとINSPIRED13泊以上するとINDULGEDといったようにランクアップしていきます。

ランクアップ後は12か月間会員ランクが有効になり、宿泊実績が満たなかった場合は1つランクがダウングレードされます。

INVITEDの会員特典は次の通りです。

INTRIGUEDINSPIREDINDULGED
ランクアップ条件会員登録4泊から12泊13泊以上
宿泊費10%オフ
アーリーチェックイン
レイトチェックアウト
WIFI無料
会員限定プロモーション
滞在中の朝食×
ルームアップグレード×
ホテル宿泊券××
INVITED特典比較(引用元:https://slh.com/about-slh/our-club)

SLH公式サイトから予約すると、宿泊費が10%安くなります。SLH加盟ホテルはラグジュアリーホテルが多いことから、10%は大きいです!

アーリーチェックインは空室状況によりますが、可能であれば正午からチェックインしてくれます。レイトチェックアウトも空室状況によりますが、14時までチェックアウト時間を延ばしてくれます。

アーリーチェックインレイトチェックアウトによりホテルでの滞在時間を長くすることができ、ホテルステイを満喫することができます!

朝食

ラグジュアリーホテルの朝食は4~5000円程しますから、滞在中朝食が無料になるのは非常に大きな特典です。ただし、これは宿泊実績が必要なINSPIREDランク以上の特典です。

ルームアップグレードは空室状況に応じて適用されます。SLHに加盟しているようなホテルはカテゴリーが1つ変わるだけで大きく宿泊費が変わることも多々ありますから、ありがたい特典ですね。ただし、こちらもINSPIREDランク以上の特典です。

INDULGEDランクに到達すると、ホテル宿泊券がもらえます。ラグジュアリーホテルに無料で泊まることができます!

INVITED特典のレビュー

それでは、INVITED特典のレビューをしていきます!

〇独立系のホテルでお得意様扱いを受けられる
〇無料会員でもアーリーチェックイン・レイトチェックアウトを受けられる

〇SLH加盟ホテル数が多くなく、特典を使いづらい
〇ルームアップグレードや朝食といった特典を受けるには宿泊実績が必要

SLHの方針もあり、加盟ホテル数は多くはありません。またアップグレードや朝食といった特典が受けるのに宿泊実績が必要になるのは、少々残念。INVITEDのINSPIRED以上のランクを維持できるクレジットカードはなく、裏技がありません…

しかしながら、ホテルステイを楽しむための要と言えるアーリーチェックインやレイトチェックアウトは無料会員でも受けられます。更に独自の会員プログラムを持たないホテルでも、SLH加盟ホテルであればINVITEDによってお得意様扱いを受けることができます!

まとめ

以上、SLHの会員プログラムであるINVITEDの特典紹介とレビューでした!

INVITEDの会員になることで、独自の会員プログラムを持たない小規模ラグジュアリーホテルでもお得意様扱いを受けることができます。更に無料で登録したばかりの会員であってもアーリーチェックインとレイトチェックアウトを受けることができ、隠れ家的ホテルでの時間を満喫することができます!

隠れ家的ホテルに泊まってみたい方は、是非INVITEDにご登録ください!

SLH加盟ホテルの中には、アメックスのFHR特典が使えるホテルがあります。アメックスプラチナをお持ちの場合は、FHR特典で予約されるとよりホテルステイを満喫することができます!

マリオットポイント購入で60%ボーナス!このキャンペーンは買いか?

マリオットキャンペーン アイキャッチ

マリオットボンヴォイのポイントは、マリオット系ホテルに宿泊時に貯めることができ、さらにポイント購入することもできます!先日、マリオットポイントを購入した際のキャンペーンが案内されました!

本記事ではこのキャンペーンでポイント購入することで、お得にホテルステイできるかどうかを検証しました!

マリオットのポイント

マリオットのポイントは、マリオット系ホテルに宿泊した際に利用した金額に応じて加算されます。マリオットボンヴォイのエリート会員であれば、ボーナスポイントが追加され、非常に効率的にポイントをためることができます。

さらに、必要な分だけポイントを購入することができます!

マリオットポイントは、2年間ポイントの変動がなければ失効しますが、別の言い方をすれば、2年以内にホテルに1泊でもすればポイントは失効しません!この制度を活用することで、非常に多くのポイントをためることができます。

貯めたマリオットのポイントは、マイルへの移行ホテルの無料宿泊に使うことができます。JALやANAマイルに移行することもでき、さらに60,000ポイント交換するごとに5,000マイル追加で頂けることもあり、マリオットボンヴォイがマイラーさんに人気を博している理由の一つになります。

3ポイント=1マイルであることから、60,000ポイントずつ交換していけば、25,000マイルになります!

ただ、マイルを特典航空券に交換するのは、なかなか難しいんですよね…
特に特典航空券での醍醐味であるビジネスクラスファーストクラスは、そもそも特典航空券に開放されている席数が非常に少ないんですよ…

当ブログの読者さんの多くは会社員かと思います。特典航空券が取れるタイミングで休暇を取るのは難しいですよね?

一方ホテルの無料宿泊に使う場合、泊まりたいホテルの部屋が空いてさえいればポイントで泊まることができます!

よって、ホテルの無料宿泊が非常にポイントの使い勝手がいいのです!

マリオットのホテルカテゴリー

マリオットの無料宿泊に必要なポイントは、ホテルのカテゴリーによって異なります。ホテルカテゴリーごとの必要ポイントは次の通りです。

マリオット ホテルカテゴリー
マリオット ホテルカテゴリー
(出典元:https://www.marriott.co.jp/loyalty/redeem/hotels/free-nights.mi)

例えば、リッツカールトン東京はカテゴリー8になります。ポイントの宿泊では最安カテゴリーのお部屋に泊まることができ、必要なポイントは時期(オフピーク・スタンダード・ピーク)によって異なります。

リッツカールトン東京は私も泊まったことがあります。クラブラウンジは非常に充実しており、最も狭い部屋で52㎡と広々としています。

泊まってみたいホテルのカテゴリーはこちらから確認できます!必要なポイントを確認することで、どのカテゴリーになるかが分かります。

せっかく泊まりに行くなら、最高級ホテルとなるカテゴリー8のホテルに泊まりに行きたいですね!

キャンペーンの内容は?

マリオット ポイント購入キャンペーン
マリオット ポイント購入キャンペーン
(出典元:マリオットからの案内メール)

先日、ポイント購入時に60%のボーナスポイントがもらえる期間限定のキャンペーン案内が届きました!

キャンペーンの概要は次の通りです。

〇1回で2,000ポイント以上購入すると、購入したポイントの60%分が追加でもらえる
〇1,000ポイント購入に12.5米ドル
〇1回で購入できるポイントは50,000ポイントまで
6月30日までは100,000ポイント分まで購入可能
〇キャンペーン実施期間:6月30日まで

6月30日まで、購入したポイントの60%がボーナスとしてもらえます。100,000ポイント分購入すると、ボーナスポイント込みで160,000ポイントアカウントに追加されます!

もし元々10,000ポイントほど持っていれば、このキャンペーンでポイント購入することで、カテゴリー8のホテル、例えばリッツカールトン東京にポイントで2泊できることになります!

キャンペーンに乗るべきか?

今回のキャンペーンで100,000ポイント分買えば、ボーナスポイントで60,000ポイントタダでもらうことができるとお伝えしました。もともとお持ちのポイントがあれば、カテゴリー8のホテルに2泊タダで泊まれることになります!

しかしながら、せっかくポイントを購入しても、ポイント購入費よりも宿泊費の方が安くなってしまったら、意味ないですよね?

よって、このキャンペーンでポイント購入すべきかどうかを検証しました!

マリオット系ホテルは世界中にたくさんありますので、地域を東京と京都、日本人に人気なハワイとドバイに絞り、宿泊日は10月31日(土)から1泊としました。ホテルカテゴリーは8としました!せっかくなら最高級ホテルに泊まりたいですよね!

ホテルカテゴリー8のホテルに泊まるために必要なポイントを買うのに必要な金額は…

〇オフシーズン
70,000ポイント→キャンペーンにより44,000ポイント分の購入が必要
購入費用は44×12.5=550USD=60,500円(1USD=110円)

〇スタンダード
85,000ポイント→キャンペーンにより54,000ポイント分の購入が必要
購入費用は54×12.5=675USD=74,250円

〇ピーク
100,000ポイント→キャンペーンにより63,000ポイント分の購入が必要
購入費用は63×12.5=787.5USD=86,625円

となります。同じ宿泊日でもホテルによって必要ポイントが変わってきます。よって、ホテルの宿泊費と必要なポイントを購入する費用を比較して、このキャンペーンが買いかどうかを検証していきます!

さて、まず東京のホテルから検証してみましょう!

ホテル名宿泊費ポイント代金結果
東京エディション虎ノ門79,541円74,250円
プリンスギャラリー東京紀尾井町63,532円86,625円×
リッツカールトン東京111,493円86,625円

プリンスギャラリー東京紀尾井町では、ふつうに予約して泊まるのがよいですね。東京エディション虎ノ門では、ポイントを買ってポイント宿泊した方が、多少お得でした。リッツカールトン東京ではポイントを買った方が明らかに安いですね!

次に京都のホテルを検証してみましょう!

京都のホテル
ホテル名宿泊費ポイント代金結果
リッツカールトン京都143,566円74,250円
翠嵐103,149円74,250円

秋先ということもあってか、京都のホテルは宿泊費用が高くなっており、ポイントを買った方が明らかに安く泊まれます。特にリッツカールトン京都はポイントを買って泊まると、半額になります!

次に、日本人に大人気なリゾート地 ハワイのホテルを検証してみましょう!

ホテル名宿泊費ポイント代金結果
リッツカールトンカパルア71,774円60,500円
The Westin Nanea Ocean Villas46,659円60,500円×
リッツカールトンレジデンス ワイキキ68,035円74,250円×

総じて、ふつうに予約して泊まった方が安上がりという結果になりました。ただオフシーズンということもあり、宿泊費用が安くなっている可能性が大ですね。

最後に、非常に華やかな街 ドバイのホテルを検証してみましょう!

ホテル名宿泊費ポイント代金結果
リッツカールトンドバイ70,468円86,625円×
アルマハ177,966円86,625円
リッツカールトンラス・アル・ハイマ90,784円74,250円

リッツカールトンドバイは、ふつうに予約した方がよいです。一方、リッツカールトンラス・ラル・ハイマではポイントを購入して泊まる方がお得でした!

特にすごいのは、アルマハ。ポイントを買って泊まる方が、宿泊費の半分よりも安くなるんです!

アルマハオールインクルーシブリゾートで、宿泊費用に飲食代アクティビティ代が含まれているため、ポイントで泊まるメリットが非常に大です!

結論

以上、マリオットポイント購入のキャンペーン紹介でした!

このキャンペーンに乗じてポイント購入すべきかどうかを検証しました。その結果、多くの最高級ホテルでポイントを買って泊まる方が普通に予約するよりも安くなることが分かりました!

特にホテルカテゴリー8は最高級クラスのホテルばかりで、一部のホテルは宿泊費用がぶっ飛んで高額になります。

しかしながらポイントによる宿泊では宿泊費によらず、カテゴリー時期だけで必要ポイントが決まりますから、ぶっ飛んで高額なホテルに泊まる際には、ポイントによるありがたみを感じやすいでしょう!

ホテル修行は無駄!ホテル修行すべきでない5つの理由は?

ブルジュ・アル・アラブ

ヒルトンやマリオットには各々「ヒルトンオナーズ」「マリオットボンヴォイ」という会員プログラムがあります。ヒルトンオナーズやマリオットボンヴォイには1年間の宿泊実績に応じて会員ランクが変わり、宿泊時に享受できる特典が大きく異なってきます。

ヒルトンオナーズのダイヤモンド会員、マリオットボンヴォイのプラチナエリート会員は、1つ下の会員ランクであるヒルトンオナーズのゴールド会員・マリオットボンヴォイのゴールド会員とは受けられる特典の数も質も雲泥の差であり、毎年ダイヤモンド会員やプラチナエリート会員になるためだけに、ひたすらホテルに泊まりまくる「ホテル修行」が後を絶ちません。

しかしながら、ダイヤモンド会員やプラチナエリート会員の特典や修行にかかる費用を考えると、ホテルオタク的には正直無駄だなあと感じてしまいます。

本記事ではホテル修行すべきではない5つの理由、およびホテルステイを充実させるのに必要なたった1つの道具を紹介したいと思います!

ホテル最上級会員

ヒルトンダイヤモンド、マリオットプラチナは各々ヒルトンオナーズやマリオットボンヴォイの最上級クラスの会員ランクになります。ホテルの会員プログラムによって多少異なりますが、最上級クラスの会員になると以下の特典を享受できます!

〇空室状況に応じたレイトチェックアウト
〇空室状況に応じたルームアップグレード(スイートを含む)
〇宿泊カテゴリーによらないクラブラウンジアクセス

まずレイトチェックアウトが受けられます。何時までチェックアウトを延長してもらえるかはホテルの会員プログラムごとで異なりますが、マリオットプラチナでは16時までチェックアウト時間を延長してもらえます!

さらにスイートルームを含めてルームアップグレードをしてもらえます!ヒルトンダイヤモンドやマリオットプラチナは高い確率でスイートルームへアップグレードされます。

また一番安いカテゴリーで予約したとしても、クラブラウンジを滞在期間中無料で使うことができます。

ヒルトン東京エグゼクティブラウンジ イブニングカクテル
ヒルトン東京エグゼクティブラウンジ イブニングカクテル

クラブラウンジでは朝食・アフタヌーンティー・イブニングタイムといったフードプレゼンテーションを提供しており、特にイブニングタイムにはアルコールも飲み放題になるのが高ポイントです。

ホテル修行すべきでない理由は?

非常に充実した特典が受けられるホテル最上級会員ですが、わざわざ修行してまで取る必要はないです!その理由は5つあります。

〇費用がとにかく掛かるから
〇クレジットカードのホテル優待で同様の特典を受けられるから
〇最上級会員になったホテルチェーンしか選べなくなるから
〇クラブラウンジのクオリティーがイマイチだから
〇そもそも頻繁にホテルステイできないから

費用がとにかく掛かるから

1番の理由がこれです。例えばヒルトンダイヤモンド会員になるには、30回滞在もしくは60泊を1年間でする必要があります。日本国内のヒルトン系ホテルはいくつかありますが、最安値はダブルツリーbyヒルトンホテル那覇の10,938円(2020/6/10から1泊、5月18日時点)。

単純に30回ダブルツリーに泊まったとすると、

10,938×30 = 328,140円

これに沖縄までの交通費がかかります。流石に1泊のためにいちいち沖縄に来るのは現実的ではないですから、沖縄訪問時にダブルツリー以外のヒルトンホテルにも泊まることになりますから、宿泊費はさらに高額になるでしょう。

ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキング
ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブキング

また修行して晴れてヒルトンダイヤモンド会員になったとして、その資格は期間限定。ダイヤモンド会員で居続けるには、ヒルトンホテルに泊まり続けなければいけません…(得てして、味を占めてしまうものです…)

正直、そのお金でいろんなホテル泊まった方が楽しいのでは、と思ってしまいます。

クレジットカードのホテル優待で同様の特典を受けられるから

ラグジュアリーカードアメックスプラチナには強力なホテル優待が付帯しており、そのホテル優待プログラムにはヒルトン系ホテルやマリオット系ホテルのみではなく、ペニンシュラフォーシーズンズマンダリンオリエンタルなどのホテルチェーンや、独立系のホテルも参加しています。

マンダリンオリエンタル シンガポール クラブマリーナベイルーム
マンダリンオリエンタル シンガポール クラブマリーナベイルーム

特にペニンシュラホテルフォーシーズンズは会員プログラムを持っておらず、このようなホテルで特典が受けられるのは多大なメリットです。

またマンダリンオリエンタルにはFan of MOという会員プログラムがありますが、Fan of MOでは特典を2つまでしか受けられず、クレジットカードのホテル優待プログラムの方が充実した特典を受けられる場合が多々あります。

またアメックスプラチナのFHRでは、100USD相当のアメニティ付与16時までのレイトチェックアウト確約といったホテルの最上級会員でも受けられない特典が揃っており、わざわざ修行しようとは思えません。

最上級会員になったホテルチェーンしか選べなくなるから

JGC修行やSFC修行を行ったことがある方はお分かりになるかもしれませんが、仮にJGCを持っていてSFCを持っていなかったら、JALやワンワールド航空会社で航空券を買おうとしますよね。

逆にSFC持っていてJGC持っていなかったら、ANAやスターアライアンス航空会社のチケット買いますよね。

現にJGCホルダーの私もJALやキャセイといったワンワールド航空会社からチケットを買うようにしています。

ホテル修行をしてしまうと、おそらく同じことが起きてしまうんです。

マリオットのプラチナだから、ヒルトン系で素晴らしいホテルがあってもなかなか予約しないフォーシーズンズに泊まってみたいけどマリオット系みたいな好待遇が受けられない

ブルジュ・アル・アラブ
ブルジュ・アル・アラブ

世界中にあるいろんなホテルに泊まってみたい、そんな貴方はホテル修行すべきではありません!

クラブラウンジのクオリティーがイマイチだから

ホテル上級会員になれば、最安カテゴリーのお部屋でもクラブラウンジへアクセスできます。ただ私の経験上、ホテル上級会員だったら無条件で入れるクラブラウンジはクオリティーがそこまで高くない気がします。

ヒルトン東京エグゼクティブラウンジ イブニングカクテル
ヒルトン東京エグゼクティブラウンジ イブニングカクテル

冷静に考えてみたら、当たり前のことです。例えばヒルトンのダイヤモンド会員だからと言って、ヒルトン東京によく泊まっているとは限らないですよね?でもヒルトンのダイヤモンド会員であれば、ヒルトン東京に初めて泊まる場合でもエグゼクティブラウンジへ入室できるわけです。

よってホテル上級会員でも入室できるクラブラウンジは、ホテル経営上、質をなかなか上げられない。

一方でクラブフロアのお客でないと入れないクラブラウンジは非常に充実しています。例えば、リッツカールトン。リッツカールトンのクラブラウンジはマリオットのプラチナ会員以上でもクラブレベルのお部屋を予約しないと入室できません。

リッツカールトン東京クラブラウンジ アフタヌーンティー
リッツカールトン東京クラブラウンジ アフタヌーンティー

私が宿泊したことがあるリッツカールトン東京のクラブラウンジは1日中シャンパン含むアルコールを楽しむことができ、フードプレゼンテーションも非常に充実しています。

充実したクラブラウンジを楽しみたいなら、ホテル修行せずにそのお金でクラブフロアを予約しましょう。

そもそも頻繁にホテルステイできないから

当ブログを見てくださる方々の多くは、私と同じで会社員かと思います。

頻繁にホテルに泊まりに行けないですよね?
出張で高級ホテル泊まれないですよね?

頻繁に高級ホテル泊まらないのに、ルームアップグレード目当てでホテル修行しますか?

偶に泊まりに行くときに、クラブフロアのお部屋やスイートルームを予約した方がホテル修行よりも安上がりじゃないですか?

まとめ

以上、ホテル修行をすべきではない理由5つを紹介しました。

確かにホテルの最上級会員になると非常に充実した特典を受けられるのですが、費用対効果や特典の一つであるクラブラウンジの質、ホテルに泊まる頻度(特典を受けられる頻度)を考えると、ホテル修行はお勧めできません。

泊まりたいときに、泊まりたいホテルを予約するのが一番と思います。

ホテルステイ満喫に必要な道具は?

わざわざ、ヒルトンダイヤモンドやマリオットプラチナにならなくても、ホテルステイを満喫する方法があります。

それはアメックスプラチナを持つことです!アメックスプラチナを持つことでマリオットゴールドやヒルトンゴールドはもちろん、ファインホテルアンドリゾートというクレジットカード史上最強のホテル優待を使うことができます!

アメックスプラチナさえ持っていれば、ヒルトン系やマリオット系といった縛りを気にせずにホテルステイを満喫することができます!

アンバサダーの無料宿泊券を使いこなしたい!お得な使い方と予約方法を大公開!

IHGアンバサダー無料宿泊券 アイキャッチ

インターコンチネンタルアンバサダーは、インターコンチネンタルホテルの会員制度であり、お金さえ払えば非常に充実した特典を享受することができます。

インターコンチネンタルアンバサダーの特典の一つに無料宿泊券があります。この無料宿泊券を使いこなせば、よりお得にインターコンチネンタルホテルでの滞在を楽しむことができるようになります。

本記事では、よりお得に無料宿泊券を使うための方法、および無料宿泊券を使って予約する方法を紹介していきます!

インターコンチネンタルアンバサダー

インターコンチネンタルアンバサダーにはルームアップグレード確約16時までのレイトチェックアウト確約、アンバサダー入会・更新時に週末無料宿泊券の進呈といった強力な特典が付帯しています。

インターコンチネンタルアンバサダーはお金さえ払えば誰でも会員になれることから、インターコンチネンタルホテルに泊まるなら、入会しないとむしろ損です!

無料宿泊券をお得に使うには?

1年に1回しか使えない無料宿泊券です。せっかくならお得に使いたいですよね!お得に使う方法を考えていきましょう!

お得に使う方法を考えるうえで、次の2つを頭に入れましょう。

1. アンバサダー特典は通常通り使える
2. 無料宿泊券で無料になるのは2泊目

まずインターコンチネンタルアンバサダーの特典である1カテゴリールームアップグレードの確約16時までのレイトチェックアウト確約無料宿泊券を使った場合であっても適用されます!特にルームアップグレード確約は上手に活用したいですね!

次に無料宿泊券で無料になるのは2泊目です。したがって無料宿泊券をお得に使うには、2泊目が高額になる日程で予約すべきですよね。

以上の2点を考えて、お得に使う方法は…

〇1カテゴリー上の部屋との差額が大きくなるカテゴリーのお部屋を予約する
〇金曜日チェックイン、日曜日チェックアウトで予約する

ということになります!

1カテゴリー上の部屋との差額が大きかったとしても、アンバサダー特典のルームアップグレードが適用されます!スイートルームはクラブラウンジを使うことができ、1つカテゴリーを上げるだけで4,5万円も宿泊費が上がることは多々あります!

インターコンチネンタル大阪 クラブラウンジのアフタヌーンティー
インターコンチネンタル大阪 クラブラウンジのアフタヌーンティー

スイートルームには無料宿泊券が使えないと公式サイトには書かれていますが、問題なくスイートルームの予約に無料宿泊券を使える場合は多いです。例えば、私が大好きなインターコンチネンタル大阪。

インターコンチネンタル大阪 無料宿泊券で予約できるカテゴリー
インターコンチネンタル大阪 無料宿泊券で予約できるカテゴリー

IHG予約サイトから検索したところ、スイートカテゴリーであるコーナースイートエグゼクティブスイート共に「AMB券利用可能」と書かれています
(AMB券=無料宿泊券です)

他のインターコンチネンタルホテルも調べてみましょう。
インターコンチネンタルプーケットは新しくできたばかりの5つ星リゾートです。私はプール付きヴィラにいつか泊まりに行きたいと思っています。

インターコンチネンタルプーケット 無料宿泊券で予約できるカテゴリー
インターコンチネンタルプーケット 無料宿泊券で予約できるカテゴリー

IHG予約サイトで調べてみると、プーケットではヴィラタイプであっても無料宿泊券が使えることが分かりました!

このように、スイートやヴィラといったカテゴリーの部屋でも無料宿泊券が使える場合があります。実際に無料宿泊券で泊まりたいホテルを検索してみて、予約したカテゴリーに「AMB券利用可能」の記載があるかどうかを確認しましょう!

そして金曜日チェックイン日曜日チェックアウトとすることで、宿泊費が高額になる土曜日の宿泊料を無料宿泊券でタダにしてしまいましょう!

以下は11月6日(金)チェックイン、11月8日(日)チェックアウトとした際のインターコンチネンタル大阪のコーナースイート宿泊費になります。

インターコンチネンタル大阪 無料宿泊券でのスイート予約
インターコンチネンタル大阪 無料宿泊券でのスイート予約

11月6日は102,900円、11月7日は110,900円となっており、土曜日である11月7日の方が、8,000円宿泊費が高額になっています。

せっかく無料宿泊券を使うなら、宿泊費の高い土曜日を無料にしてしまいましょう!

無料宿泊券を使って予約する方法は?

アンバサダー無料宿泊券を使って予約する方法は少々わかりにくいです。この記事を読んでマスターしてしまいましょう!

まずこちらをクリックして、ウィークエンド無料宿泊券のページを表示させましょう。

インターコンチネンタルアンバサダー 無料宿泊券での予約
インターコンチネンタルアンバサダー 無料宿泊券での予約

ページの下部にある「予約はこちら」をクリックして、予約を進めていきましょう。

インターコンチネンタル横浜Pier8 無料宿泊券で予約できるカテゴリー
インターコンチネンタル横浜Pier8 無料宿泊券で予約できるカテゴリー

無料宿泊券で予約できるカテゴリーには「AMB券利用可能」と書かれています。AMB券利用可能と書かれているカテゴリーを選択し、「アンバサダーウィークエンド無料宿泊」プランを選択してください。あとは通常通り予約することができます。

まとめ

以上、インターコンチネンタルアンバサダー無料宿泊券のお得な使い方紹介でした!無料宿泊券はスイートやヴィラタイプの部屋でも使える場合があります!

そして無料宿泊券を使った予約でも通常のアンバサダー特典を使うことができます!

無料宿泊券を使う際には、1カテゴリー上との差額が大きいお部屋金曜日から2連泊で予約することで、非常にお得に無料宿泊券を使うことができます!

是非アンバサダー無料宿泊券を使って、ホテルステイを満喫してみてください!

マンダリンオリエンタルの「Fans of MO」を紹介!登録費無料で上級会員気分を味わえるよ!

Fan of MO紹介アイキャッチ

マンダリンオリエンタルホテルは、東京をはじめ世界中に展開しているホテルチェーンです。マンダリンオリエンタルは全てが最高級ホテルになり、特別な日に使いたいホテルになります!

そんなマンダリンオリエンタルには「Fan of MO」という会員プログラムがあり、公式サイトから予約した場合に複数ある特典のうち2つ享受できます!

このFan of MOには上級会員制度やポイントといったものはありませんが、無料で登録することができ、マンダリンオリエンタルで上級会員気分を味わうことができるのです!

本記事では無料でなれるFan of MO会員の特典紹介、よりお得にマンダリンオリエンタルに泊まるために選ぶべき特典を紹介します!

Fans of MO特典は?

Fans of MO会員が公式サイトから予約した際は、次のうち2つの特典を享受できます!

〇12時からのアーリーチェックイン(確約)
〇16時までのレイトチェックアウト(確約)
〇毎日の朝食(会員本人)
〇毎日の朝食(会員と同室に泊まる同伴者1名分)
〇ダイニング・スパクレジット(50USD分)
〇1カテゴリーのルームアップグレード(確約)
〇高速WIFIが滞在中無料
〇お祝いを盛り上げるプレゼント
〇プレスサービスが無料

アーリーチェックインレイトチェックアウトを選択した場合は、確約になります!レイトチェックアウトが確約になるのはアメックスFHRインターコンチネンタルアンバサダーなどがありますが、アーリーチェックインが確約になる特典は、他ホテル上級会員特典を見ても意外にありません

また朝食無料を選択した場合は、滞在中は無料でレストランでの朝食を楽しめます。この特典は宿泊者1名ごとで適用されるところが玉に瑕です…

マンダリンオリエンタル シンガポールでの朝食
マンダリンオリエンタル シンガポールでの朝食

ダイニング・スパクレジットは館内にあるレストランやスパで使用することができる50USD分のクレジットになります。マンダリンオリエンタルのスパはどこも評価が高く、ダイニング・スパクレジットを選択した場合はスパでぜひ使っていただきたいです!

ルームアップグレード特典を選択した場合、1カテゴリー分のアップグレードが確約になります!ルームアップグレードが確約になるホテル上級会員は、インターコンチネンタルアンバサダーぐらいしかありません!こちらは連泊する際に選ばれると、お得感が高くなりますね!

高速WIFIは通常のWIFIよりも通信速度が速いタイプのWIFIになります。まあ、正直わざわざ選ぶ価値がある特典とは思えませんね…

記念日に宿泊される際には、お祝いを盛り上げるプレゼントを特典として選ぶ手はありますね!ただ私は選んだことがないので、どんなプレゼントが提供されるのかは何とも言えません…

プレゼント
プレゼント

プレスサービスはレストランを使うときなどには重宝します!服のしわを完璧に無くしてくれます!

現在マンダリンオリエンタルでは期間限定(2021/03/31まで)で充実した特典があるステイケーションプランを発表しています。このステイケーションプランで宿泊する際にもFan of MOの特典を受けることができます!

上記特典のうち、アーリーチェックインレイトチェックアウトルームアップグレードは選択できない場合があります。

例えばマンダリンオリエンタル東京を8月22日から1泊する場合はアーリーチェックイン・レイトチェックアウト・ルームアップグレード全てが選択できる状態になっています。

マンダリンオリエンタル東京 8月22日から1泊
マンダリンオリエンタル東京 8月22日から1泊

一方で同ホテルを8月7日から1泊する場合にはアーリーチェックイン・レイトチェックアウト・ルームアップグレードが選択できなくなっています。

マンダリンオリエンタル東京 8月8日から1泊
マンダリンオリエンタル東京 8月8日から1泊

宿泊日によって選択できる特典が変わる場合がある点はご注意ください!

どの特典を選べばお得?

Fan of MOには9つもの特典がありますが、どの2つを選べばいいか迷いますよね。この章ではホテルオタクの目線で、おすすめしたい特典を紹介したいと思います!

1泊のみの時と、連泊するときでおすすめ特典が違うので分けて紹介しますね!

1泊のみの時

1位:16時までのレイトチェックアウト
2位:ルームアップグレード
3位:ダイニング・スパクレジット or 朝食

1泊のみの場合は、極力ホテルで滞在できる時間を延ばし、限られた時間でホテルを満喫するための特典を選びたいですよね。

16時までのレイトチェックアウトを選ぶことにより、チェックアウト期限を12時から16時まで4時間も伸ばすことができます!この4時間でスパを楽しむのもよし、プールでひと泳ぎするもよし、もちろんお部屋でのんびりするもよし、…といったように4時間あればホテルを満喫することができるのです!

ルームアップグレードを選ぶことで、より快適なお部屋・より眺めの良い部屋に泊まることができ、お部屋でのひと時を優雅にすることができます!
レイトチェックアウトと組み合わせることで、お部屋での滞在が非常に充実したものになります!

基本的には1泊の場合、レイトチェックアウトルームアップグレードを選んでいただきたいですが、レイトチェックアウトやルームアップグレードを選択できない場合は、館内クレジット朝食を選択してもらいたいです!少しでもお金を節約しましょう!

ちなみにホテルに早めに到着したとしても、お部屋が空いていればすんなり案内してもらえる場合が多いので、アーリーチェックインは無理に選ぶ必要はないです。マンダリンオリエンタルシンガポールに宿泊した際には、朝7時に到着したにもかかわらずお部屋にアサインしていただけました!

マンダリンオリエンタル シンガポール
マンダリンオリエンタル シンガポール
連泊する時

1位:ルームアップグレード
2位:朝食
3位:館内クレジット

連泊する時は、節約したいですよね(笑)

Fan of MO特典のルームアップグレード確約であるため、連泊時には威力を発揮します!宿泊したいカテゴリーの1つ下のお部屋を予約してルームアップグレード特典を選ぶことで、節約しつつも泊まりたいお部屋に泊まれます!

浮いたお金でレストランを使ったり、スパでゆったりしたりとホテルステイを満喫していただきたいです!

マッサージ
マッサージ

またマンダリンオリエンタルの朝食は4,000円から5,000円程しますから、連泊時には馬鹿にならない支出になります。朝食特典を選ぶことで、豪華な朝食を毎日、タダで、楽しんでしまいましょう!

連泊時のおすすめはルームアップグレードと朝食特典ですが、ルームアップグレードはお部屋のカテゴリーや宿泊日によっては選べない場合があります。その場合は館内クレジットを選びましょう。レストラン代やスパ代を50USD分節約できます!

総評

以上、マンダリンオリエンタルの会員プログラム「Fan of MO」の紹介、およびおすすめの特典の紹介でした。

Fan of MOは無料で登録できる会員プログラムであり、マンダリンオリエンタルに泊まりたいなら是非とも会員になっていただきたいですね。さらに1泊のみの時、連泊時における特典の選び方についても紹介しました。是非、本記事を参考にしてマンダリンオリエンタルでの滞在をお楽しみください!

Fan of MOの登録はこちらから!

Fan of MOの特典を使って、マンダリンオリエンタル台北とマンダリンオリエンタルシンガポールに宿泊しました。レビューは以下の記事で紹介しています!

アメックスプラチナのファインホテルアンドリゾートでは、Fan of MOの特典の多くを同時に享受できます。マンダリンオリエンタルホテルの多くはファインホテルアンドリゾートで予約できます!詳細は以下の記事で紹介しています。

インターコンチネンタルアンバサダーの特典は?金で買える上級会員の実力を検証!

インターコンチネンタルアンバサダー紹介アイキャッチ

インターコンチネンタルホテルグループは日本をはじめとして、世界中に展開しているホテルチェーンです。

インターコンチネンタルホテルグループには、ホリディインやホテルインディゴ、クラウンプラザといった比較的お手頃なホテルブランドのみでなく、シックスセンスやリージェント、そして名前の通りインターコンチネンタルといった高級ブランドのホテルも有しております。

日本で有名なのは、横浜・みなとみらいにそびえたつ、ヨットの形をしたヨコハマ・グランド・インターコンチネンタルホテルです。

ヨコハマグランドインターコンチネンタル
ヨコハマグランドインターコンチネンタル

インターコンチネンタルホテルグループの会員プログラムとしてIHGリワードクラブがあるのですが、今回紹介するのは「インターコンチネンタル」の会員プログラムである、インターコンチネンタルアンバサダー。

このインターコンチネンタルアンバサダーは所謂上級会員資格になりますが、なんとお金を払えば誰でも簡単にインターコンチネンタルアンバサダーになれるのです!

本記事ではこのお金で買える上級会員、インターコンチネンタルアンバサダーの実力を検証したいと思います!

インターコンチネンタルホテル

インターコンチネンタルホテルは世界に200以上あり、そのうち84はアジア圏にあります。日本にあるインターコンチネンタルホテルは、

〇ANAインターコンチネンタルホテル東京
〇ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
〇インターコンチネンタルホテル東京ベイ
〇ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
〇ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルPier8
〇インターコンチネンタルホテル大阪
〇ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ
〇ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
〇ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

の9軒です。

アンバサダー会員の年会費

まずインターコンチネンタルアンバサダーの年会費を教えます。

入会・更新共に 200USD/年 = 21,452円/年 (1USD=107.26円)

21,000円って高いですよね…?
でも、会員特典を考えると、インターコンチネンタルに「年にたった1回でも」宿泊するなら、簡単に年会費はペイするんです

アンバサダー会員特典

インターコンチネンタルアンバサダーになると、インターコンチネンタルホテルに宿泊した際に、以下の特典を受けられます。

〇1カテゴリーのルームアップグレード確約
〇16時までのレイトチェックアウト確約
〇アンバサダー入会・更新時に週末無料宿泊券(週末を含む2泊以上)
〇IHGプラチナ会員が自動付帯

IHGプラチナ会員の詳細は次章で述べますが、上3つの特典がえげつないです…

ルームアップグレードは1カテゴリーですが、予約の段階で確約されます
例えば、私が実際体験したことですが、インターコンチネンタルホテル大阪のコーナースイートを予約して、チェックイン時にエグゼクティブスイートにアップグレードされたことがあります!

インターコンチネンタル大阪エグゼクティブスイート
インターコンチネンタル大阪エグゼクティブスイート
インターコンチネンタル大阪エグゼクティブスイート
インターコンチネンタル大阪エグゼクティブスイート

ちなみにコーナースイートとエグゼクティブスイートの差は…

コーナースイート        87,980円
エグゼクティブスイート   130,730円
(2020年11月1日の1泊料金(2020年5月11日検索))

約40,000円も違います!もう、これだけでアンバサダーの年会費は回収してますよね…

インターコンチネンタルアンバサダーでは16時までのレイトチェックアウトが確約されます!他ホテル会員プログラムでもレイトチェックアウト特典はありますが、それらは大抵「空室状況に応じて」といった一言が入っています。

しかしながらインターコンチネンタルアンバサダーで提供されるレイトチェックアウトは確約!レイトチェックアウトが確約されるのは、インターコンチネンタルアンバサダーとアメックスFHRぐらいしかありません!

さらに、アンバサダーへ入会した時・会員更新した時に週末無料宿泊券1枚が進呈されます!この週末無料宿泊券は週末に2連泊以上の予約をしたら、2泊目が無料になるというものです!

週末というのは、大抵金曜日・土曜日・日曜日を指しますが、一部の国では木曜日・金曜日・土曜日を指す場合がある点は注意が必要。

この週末無料宿泊券を1泊22,000円以上の部屋の宿泊に使えば、この1回でアンバサダー会員の年会費が回収できてしまします!

IHGプラチナ会員特典

インターコンチネンタルアンバサダーに付帯しているIHGプラチナ会員の特典は…

〇ボーナスポイント50%
〇空室状況に応じたレイトチェックアウト
〇空室状況に応じたルームアップグレード
〇ポイントの有効期限撤廃
〇72時間前までの予約で客室保証

になります。

レイトチェックアウトルームアップグレード共に空室状況に応じて提供されるものになります。客室保証は出張によく行かれる方にはありがたい特典になります。

アンバサダー会員にもIHGプラチナ会員にも朝食無料特典が付いていないため、そこが残念なところですね…

これらの特典が、インターコンチネンタル以外のインターコンチネンタルホテルグループのホテルで受けられます!

総評

それではインターコンチネンタルアンバサダー特典のレビューをします!

〇ルームアップグレードとレイトチェックアウトが確約されているホテル上級会員は他にない!
〇週末無料宿泊券だけで簡単に年会費の元が取れる!

 

〇インターコンチネンタルホテルの数が少ない…
〇朝食が無料にならない…

朝食が無料にならないことと、そもそもインターコンチネンタルホテルが少なすぎるのは玉に瑕ですが、それでも特典内容は目を見張るものがあります!

ルームアップグレードレイトチェックアウトが確約となっているホテル上級会員は、他に類を見ませんし、さらに週末無料宿泊券のおかげで、アンバサダー年会費200USDを簡単に回収できてしまいます!

インターコンチネンタルに泊まる予定があるならアンバサダー会員にならないと損です!

まとめ

以上、インターコンチネンタルアンバサダーの実力検証を行ってきました。インターコンチネンタルアンバサダーは金で買える上級会員資格ですが、インターコンチネンタルホテルに泊まる際には無茶苦茶充実した特典を受けることができます!

インターコンチネンタルホテルに泊まる予定がある方、インターコンチネンタルホテルに泊まってみたい方、是非ともアンバサダー会員になってから泊まりに行ってください!

インターコンチネンタルアンバサダーへの入会はこちらから!